2019年10月24日

紹介してもらえるってうれしい

庄内地域情報紙『Cradle(クレードル)』の新ウェブメディアで「NPO法人明日のたね」のことを紹介してくださいました。
https://cradle-plus.com/column/191001-kosodate-01/ (前編)

取材してくださったのは、フリーライターの KaO nakanaka さん。
限られた取材時間の中で、相手の心を解きほぐし、引き出し、出てきた言葉からスタッフの志や思いを見事にすくい取り、文章で表現してくれる手腕は、さすがとしか言いようがありません。

でも、私(スタッフ愛)が一番嬉しかったのは、投稿記事の冒頭で「私の心のよりどころ」だと言ってくださったこと。
私自身、子どもが小さい時期、参加者としてたねのイベントに参加してきました。
数えれば片手で足りるような来館頻度だったのにも関わらず、「あそこに行けばあの人達がいて、話を聞いてくれる」という安心感が生まれました。
その思いが、しんどい時、心の内に色々なものが溜まった時、たとえその場に行かなくても、自分を支えてくれた記憶があります。
それは、自分の暮らしの中に「よりどころ」があるということ。
時に「居場所」や「行きつけ」などとも表現される「場」。
そういう「場」にしたくて伊藤や丹治が活動を続けてきたことをスタッフになってから知った今は、同じように「私の心のよりどころ」だと言ってくれる人の存在がとても嬉しいのです。
「私の心のよりどころ」だと思ってくれる人が一人ずつでいいから増えていくように、活動を続けていきたいです。(スタッフ 愛)
posted by TOMONIスタッフ at 00:00| お知らせ