2013年05月27日

歯みがきにご注意を

この間、こんな記事をみつけました。


ひらめき「乳幼児 歯みがきご注意」ひらめき


転倒したりぶつかったりすることで、のど突き事故がおこるそうですふらふら

心がけることとして、 
1.歯みがき中は歩き回らないようにする
2.不安定な場所での歯みがきは避ける
この2つが大事だそうで・・・。

ただ、危ないからと言って親がやればいというわけではなく、
歯みがきには、
1.食べたら磨く習慣を身につける
2.手や指を使った運動を学ぶ
3.顔や口の位置を覚える
という意味があります。
バランスが難しいところです。


我が家には2歳の男の子がいます目

歯みがきをまねるようになった1歳のとき。
ハブラシを持たせていたら、お爺ちゃんがひとこと。

「のどに刺さっぞ。」

歯みがきすることに喜んで、そんなこと考えていなかったバッド(下向き矢印)

まずは子どもから目を離さない、
基本中の基本ですが、心がけたいです。
posted by TOMONIスタッフ at 09:44| お知らせ

2013年05月09日

お天気

今日はやっと春らしく?おひさまの日差しが心地よい日ですね晴れ
出勤途中に、道路脇に“たんぽぽ”がたくさん咲いているのをみてふっと
娘が小さい時のことを思い出しました。

娘がおしゃべりも上手になってきた2・3歳のころ、天気が良いと
家の近くをよく散歩していました。
「おかーしゃん、みて〜!」「あれは?」「これは?」「あ!わんわん〜!」と
寄り道が多くて、なかなか進みませんでした。

ある時、「あ!みてみて〜!!“たんぽこ”!」と娘。
ん??と娘のしゃがんでいる後ろから覗き込んでみると・・・
黄色いたんぽぽが咲いていましたるんるん
「ホントだ〜!たんぽぽだね〜」と私。
いつの間にか、花の名前も覚えたんだぁ〜とちょっぴり感動しながらも
かわいらしい言い間違いに一人でニヤニヤしてしまいました。

そこから見つけるたびに、「たんぽこ!」「たんぽこ!」と立ち止り
全く進まなくなりましたたらーっ(汗)

そんな娘も小学生になり、いっちょまえに口ごたえもし、あの時のかわいらしさは
どこへやらダッシュ(走り出すさま)
でも、時々ぷっと笑える言い間違いは今でもあるんですけどね〜るんるん
そんなちょっとしたことに癒されていますわーい(嬉しい顔)




posted by TOMONIスタッフ at 11:13| お知らせ