2020年02月03日

居場所づくり入門➀ なぜ〈居場所〉が必要か? 学び合い報告

よりみち文庫共同代表の滝口克典さん講師として来てくださり、庄内初開催となったよりみち出張講座「居場所づくり入門」の1回目が1月29日(水)に開催されました。
滝口さんは山形市で16年に渡って若者の居場所を作ってきた、元ぷらっとほーむ共同代表です。
お会いしたことのなかった私は、人から聞いた話や、「ぷらっとほーむ通信」、「よりみち通信」を読んだ感想から、頭の切れるどんな豪傑がいらっしゃるのかと、ドキドキしていました。
ひろばにやってきた滝口さんは、赤い眼鏡がチャーミングなとても穏やかな方。
16年の実践者としての経験に裏打ちされた熱く理知的な思考から、的確な言葉を丁寧に紡いで、真っ直ぐに相対して話されます。
その様子に私が受けた印象は「安心感」そして「信頼感」でした。
IMG_0941.JPG

社会学の視点から、〈居場所〉が必要となった時代背景や、人はなぜひきこもりになるのかを、「カフカの階段」の概念を使って、説明してくれました。
・かつて不登校・ひきこもりは個人の心の問題とされてきたこと。
・問題の原因は、個人ではなく、取り巻く社会のほうにあるということが、30年以上かけてようやくクリアになってきたこと。
・仕事(職場・学校)→ 地域 → 家族 → 住まい → お金 という順に、ボールが1段ずつ転がり落ちるかのように、段階的に社会的排除されていった結果が不登校や、ひきこもりに至るということ。
・それは「つながり」が徐々に断絶されていくということであること。
・「支援」とは、その段差をもっと小刻みにすることであり、滑らかなスロープにすることであり、そもそもの段差自体を低くするということであること。
・「居場所づくり」とは、「その人の立場・身分・環境などを問わず受け入れ、承認してくれる場」を作ることで、切れた「つながり」を復活させる、あるいは新たに作るものだということ。
・それは「物理的」な居場所に限らず、「機能としての居場所」を作ることだということ。
IMG_0945.JPG

IMG_0944.JPG

「皆さんには、安心して、弱音をはける場所がありますか?」
滝口さんが参加者の皆さんに質問しました。
「本音ではなく、あえて『弱音』です」
滝口さんはそう申し添えました。
すると、参加者の皆さんからは、「家族」、「夫」、「友達」という声が上がりました。

カフカの階段の一番上にあるのは「仕事(職場・学校)」の段です。
個人の生活の中で長い時間を過ごす職場や学校に、「弱音」を吐ける関係性を築けている。
そんな人のほうこそ少ないのではないかと私は思いました。
ならば、不登校もひきこもりも、自分にも、自分の子どもにも、いつだって起こりうること。
その時に、今、庄内ではどんな居場所があるのだろうか。

カフカの階段の2段目にあるのは「地域」の段です。
午前中、明日のたねのライター養成講座の様子を取材していた滝口さんは、
「ここも〈居場所〉だと思いました」
と言ってくださいました。
今日参加した方の中にも、ご自分の活動として居場所づくりをしていたり、すでに定期的に居場所を開いている人達もいらっしゃいました。

「仕事(職場・学校)」の段から転げ落ちた人が、「地域」の段で留まれるように、たくさんの「居場所」がある庄内地域になったらいい、そのために自分ができることをしたい。
私はそう思いました。
他の参加者の皆さんもそう思ったんじゃないかな。
滝口さん、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

2回目は2月13日(木)19時からです。
山形の実践事例をもとに、〈居場所づくり〉とは? について学び合います。
2回目からの参加でも大丈夫です。どうぞご参加ください。
                  (スタッフ 愛)
posted by TOMONIスタッフ at 15:15| お知らせ

2019年12月17日

11/30 ちょこっと本気のDIY講座 ★報告★

11/30 ちょこっと本気のDIY講座
定員15名を大幅に上回る申し込みをいただき、20名に増員して開催しました。
時間どおりに集まってくれた参加者の皆さん、作業台に座り、今か今かと熱気にあふれておりました。
IMG_0564.JPG

材料キットを開発・用意し、講師として来てくださったのは、温海町森林組合の方。
お2人で来てくれて、なんと、どちらも五十嵐さん。
今年は持ち運びできる折りたたみ式のキャンプテーブルを作りました。
IMG_0563.JPG

かなづちはともかく、電動工具のインパクトドライバーは初めて使うという人もいたのではないでしょうか。
最初は危なっかしくて大人が代わりにやってしまったり、細かく口を出してしまっていても、やり続けるうちに親も子どもも要領を得て、それぞれの家庭で立派なキャンプテーブルが出来上がりました。
IMG_0580.JPG

IMG_0653.JPG

IMG_0657.JPG

最後は1組ずつ記念写真を撮り、自分たちで作ったキャンプテーブルを大事に抱え、長沼産の伝九郎柿をお土産に、皆さん笑顔で帰られました。
梅木博太.JPG

橋梨沙.JPG

子どもと一緒に1つの物を作り上げる時は、親の立場からすれば、ハラハラしたり、イライラ(笑)したりもしますが、子どもの頑張る姿、成長した様子、あっと驚く発想に出会えることもあると私は思います。
また、お子さんにとっても、「自分で作った!」という実感が自信になり、作った物への愛着にもなり、「本物」に触れる生の体験が生きた学びとなることを願って、この事業を開催しています。
IMG_0640.JPG

受付時間よりだいぶ早めに来た方で、スタッフが作業台等を準備しているのを見ると、自分から手伝ってくれた親子がいました。
講座の最中、手順でよく分からないところがあると、参加者同士で教え合っている人もいました。
初めて会った人同士でも、出来具合、子どもの様子など、笑顔で声を掛け合う姿もありました。
そんなお互いさまの一場面に立ち会えたことも、とても嬉しかったです。
IMG_0591.JPG

参加者の皆様、温海町森林組合さん、本当にありがとうございました。
キャンプテーブル、長―くご愛用くださいませ! 
                      (スタッフ 愛)
IMG_0664修正.jpg

庄内地域の子育て情報がたくさん(^^♪
こちらもみてね↓
https://shonai-tomoni.jp/

posted by TOMONIスタッフ at 09:32| お知らせ

2019年11月27日

3Rってなあに?社会科見学ツアー報告★後編

車のリサイクルについて見学したあとは、ちょっぴり学びの時間。

最初に「もったいないばあさん」の大型絵本を読み聞かせしました。
「何が始まるんだろう?」という顔の子どもたち。
すぐに絵本の世界に入り込み、みんな真剣です。
IMG_0480.JPG

そこから、今見てきた車のリサイクルから始まる紙芝居プレゼンテーション。
暮らしの中でできることって何だろ?と考えるところで、たんちゃんといとちゃんの「もったいないクイズ」が始まりました。
「ちょっと恥ずかしいけど、たんちゃん、みんなの前でトイレに入ります。
ここでクイズです。たんちゃんがしている『もったいないこと』は何でしょうか?」
実況つきの劇のあと、みんな我先に!と正解を書き込んだ回答用紙を提出しに来てくれます。
IMG_0482.JPG

IMG_0491.JPG

「『もったいなくないトイレの入り方』をやってくれる人〜?」
「はい!」「はい!」
正解例を3年生の男の子2人が勇んで実演。
もちろん、大正解!
提出してくれた回答用紙も全員花丸でした。
IMG_0487.JPG

トイレだけじゃない、暮らしの中でできる「もったいない」の実践。
ていねいに使う、最後まで使う、必要な人へ渡す。
話を聞きながら、子どもたちも時々、思ったことを発言します。
隣に座るお父さんやお母さんに、にこやかに話しかける姿もありました。
IMG_0490.JPG

IMG_0484.JPG

今回の社会科見学ツアーのテーマは「3Rってなあに?」
定義的には
      Reduce(リデュース)
      Reuse(リユース)
      Recycle(リサイクル) 
                 の3つのRこと。
それを小学生に、さらに、兄弟で参加している幼稚園の子どもたちに、どうやったら伝わるだろうか。
スタッフの間で話し合った結果、
「3Rってさ、なじみのある言葉でいえば、『もったいない』ってことじゃない?」
それを軸に、内容を組み立てました。

後日、兄妹で参加したお母さんが話してくれました。
「妹が、トイレに入るたびに『たんちゃん、もったいないことしてないかな?』って言うんです。」

ああ、良かった。
年中さんでも、ちゃんと「もったいない」が伝わっていました。

参加者のみなさんはどうでしたか?
お家でしている3Rと一緒に、アンケートで教えてくださいね!
                    (スタッフ 愛)

posted by TOMONIスタッフ at 16:04| お知らせ