2020年02月25日

居場所づくり入門➁〈居場所づくり〉とは?〜山形の実践事例をもとに〜 報告

2月13日の2回目は、前回の参加者を上回り、19名の皆さんが参加されました。
今回は、山形市でのぷらっとほーむでの事例をもとに、実際の〈居場所づくり〉について、話を聞きました。
ぷらっとほーむは、2003年から2019年まで、講師の滝口克典さんと松井愛さん(現・山形市議)が共同代表となり、中心となって運営してきた〈居場所〉です。
IMG_1100.JPG

最初に、ぷらっとほーむではどのような活動をしていたかを話してくださいました。
ぷらっとほーむは、フリースペースの開設から始まったこと。
やがて、フリースペースの周りにはいくつかのテーマコミュニティが出来上がったこと。
テーマコミュニティとは、あるニーズについて学べる小規模な集まりであり、不登校・ひきこもり、非正規労働などの社会的なテーマもあれば、映画、まちあるきなどの文化的なテーマのものもあったそうです。
「誰でも来れる居場所である」といっても、孤立している人にとってその扉を開けるのは勇気がいるもの。
もっとゆるい入口としてテーマコミュニティがあり、そこからフリースペースに来るようになった人もいるそうです。
「映画」のテーマコミュニティとは、ドキュメンタリー「ひめゆり」を山形市で自主上映するためにでき、活動したコミュニティでした。
チケットを売り歩くことを通じてつながりが増え活動空間が広がっていった、15人分の旅費を何とか稼いでひめゆりスタディツアーとして修学旅行にも行った、そんなエピソードも話してくださいました。
IMG_1098.JPG

学びの後半、滝口さんはその経験を、〈居場所〉のプロセス・モデルとして説明してくれました。
それはぷらっとほーむの足跡をたどった時、それぞれの段階で何が起こっていたかを理論化したもの。
●第一段階で、安心して居られる、「弱音」をはける〈場〉をひらくこと。
●第二段階で、人びとのさまざまなニーズ=困りごとを引き受けるようになる。
●第三段階で、ニーズと資源・文化のユニークな結合がうまれる。
●第四段階で、〈居場所〉発の価値が外の世界にひろがっていく。
●第五段階で、〈居場所〉のネットワークがはり巡らされていく。

おそらく、居場所づくりを始めたい、すでに始めている人達にとって、「自分たちの活動は社会のニーズに合っているのか、今後どうなっていくのか、という漠然とした不安が生じることもあると思います。
それはさながら、自分たちの居場所は今どこにいるのかを示すための、先駆者が作ってくれた羅針盤のようでした。
見通しを持つと安心するのは、子育てでも、居場所づくりでも同じようです。

最後に〈居場所〉のもつ力について説明してくれました。
滝口さんは「居場所とは、雑多な人びとがゆるく共在している時空間です」と言いました。
「多様」ではなく、「雑多」という、空気感が伝わってくるような表現。
実践者ならではの言葉だなと妙に感じ入りました。
●〈居場所〉は遊びやゆるさのある時空間ゆえに、予期しないような色んなことが起こる。
●〈居場所〉には雑多な人々がいて、その多彩な関係性のなかで、さらに色んなことが起こる。
●様々な他者との出会いは、世の中にある悩みや苦しみを教え、自分の生きづらさが相対化される機会となる。
●〈居場所〉は弱い場所だから支援の手が引き寄せられてくる。若者はそこで過ごすことで、他者の困難に遭遇し、共感して手をさしのべ、学びながら成長していく。

最後に滝口さんは、これからの課題として、そうした居場所の恩恵を誰もが必要に応じて享受できるようにするためには何か必要か、として問いかけました。
現在、圧倒的に居場所が足りていない。
居場所は自然発生しない。
ファシリテートしていく中間支援の機能が必要である、と言って最後をしめました。

滝口さんはぷらっとほーむの活動を「たねを蒔き、育てたら花が咲いて、またたねができた。そのたねがばらまかれ、新たな場所で芽吹き、育てていったら色々なものになった」と形容されました。
様々な活動も元をたどれば一粒のたね。
庄内の〈居場所〉のたねはまだまだ足りません。
たくさんの〈居場所〉のたねが蒔かれ、育ち、横につながり、〈居場所〉のネットワークがはり巡らされた庄内になるように。
次回は、いよいよ最終回!
実際に〈居場所づくり〉を始めるには?〜〈居場所〉のはじめかた入門〜
明日、2月26日(水)19:00〜です。
まだお申し込み受け付けていますので、どうぞご参加ください!
                  (スタッフ 愛)
posted by TOMONIスタッフ at 15:56| お知らせ

2020年02月03日

居場所づくり入門➀ なぜ〈居場所〉が必要か? 学び合い報告

よりみち文庫共同代表の滝口克典さん講師として来てくださり、庄内初開催となったよりみち出張講座「居場所づくり入門」の1回目が1月29日(水)に開催されました。
滝口さんは山形市で16年に渡って若者の居場所を作ってきた、元ぷらっとほーむ共同代表です。
お会いしたことのなかった私は、人から聞いた話や、「ぷらっとほーむ通信」、「よりみち通信」を読んだ感想から、頭の切れるどんな豪傑がいらっしゃるのかと、ドキドキしていました。
ひろばにやってきた滝口さんは、赤い眼鏡がチャーミングなとても穏やかな方。
16年の実践者としての経験に裏打ちされた熱く理知的な思考から、的確な言葉を丁寧に紡いで、真っ直ぐに相対して話されます。
その様子に私が受けた印象は「安心感」そして「信頼感」でした。
IMG_0941.JPG

社会学の視点から、〈居場所〉が必要となった時代背景や、人はなぜひきこもりになるのかを、「カフカの階段」の概念を使って、説明してくれました。
・かつて不登校・ひきこもりは個人の心の問題とされてきたこと。
・問題の原因は、個人ではなく、取り巻く社会のほうにあるということが、30年以上かけてようやくクリアになってきたこと。
・仕事(職場・学校)→ 地域 → 家族 → 住まい → お金 という順に、ボールが1段ずつ転がり落ちるかのように、段階的に社会的排除されていった結果が不登校や、ひきこもりに至るということ。
・それは「つながり」が徐々に断絶されていくということであること。
・「支援」とは、その段差をもっと小刻みにすることであり、滑らかなスロープにすることであり、そもそもの段差自体を低くするということであること。
・「居場所づくり」とは、「その人の立場・身分・環境などを問わず受け入れ、承認してくれる場」を作ることで、切れた「つながり」を復活させる、あるいは新たに作るものだということ。
・それは「物理的」な居場所に限らず、「機能としての居場所」を作ることだということ。
IMG_0945.JPG

IMG_0944.JPG

「皆さんには、安心して、弱音をはける場所がありますか?」
滝口さんが参加者の皆さんに質問しました。
「本音ではなく、あえて『弱音』です」
滝口さんはそう申し添えました。
すると、参加者の皆さんからは、「家族」、「夫」、「友達」という声が上がりました。

カフカの階段の一番上にあるのは「仕事(職場・学校)」の段です。
個人の生活の中で長い時間を過ごす職場や学校に、「弱音」を吐ける関係性を築けている。
そんな人のほうこそ少ないのではないかと私は思いました。
ならば、不登校もひきこもりも、自分にも、自分の子どもにも、いつだって起こりうること。
その時に、今、庄内ではどんな居場所があるのだろうか。

カフカの階段の2段目にあるのは「地域」の段です。
午前中、明日のたねのライター養成講座の様子を取材していた滝口さんは、
「ここも〈居場所〉だと思いました」
と言ってくださいました。
今日参加した方の中にも、ご自分の活動として居場所づくりをしていたり、すでに定期的に居場所を開いている人達もいらっしゃいました。

「仕事(職場・学校)」の段から転げ落ちた人が、「地域」の段で留まれるように、たくさんの「居場所」がある庄内地域になったらいい、そのために自分ができることをしたい。
私はそう思いました。
他の参加者の皆さんもそう思ったんじゃないかな。
滝口さん、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

2回目は2月13日(木)19時からです。
山形の実践事例をもとに、〈居場所づくり〉とは? について学び合います。
2回目からの参加でも大丈夫です。どうぞご参加ください。
                  (スタッフ 愛)
posted by TOMONIスタッフ at 15:15| お知らせ

2019年12月17日

11/30 ちょこっと本気のDIY講座 ★報告★

11/30 ちょこっと本気のDIY講座
定員15名を大幅に上回る申し込みをいただき、20名に増員して開催しました。
時間どおりに集まってくれた参加者の皆さん、作業台に座り、今か今かと熱気にあふれておりました。
IMG_0564.JPG

材料キットを開発・用意し、講師として来てくださったのは、温海町森林組合の方。
お2人で来てくれて、なんと、どちらも五十嵐さん。
今年は持ち運びできる折りたたみ式のキャンプテーブルを作りました。
IMG_0563.JPG

かなづちはともかく、電動工具のインパクトドライバーは初めて使うという人もいたのではないでしょうか。
最初は危なっかしくて大人が代わりにやってしまったり、細かく口を出してしまっていても、やり続けるうちに親も子どもも要領を得て、それぞれの家庭で立派なキャンプテーブルが出来上がりました。
IMG_0580.JPG

IMG_0653.JPG

IMG_0657.JPG

最後は1組ずつ記念写真を撮り、自分たちで作ったキャンプテーブルを大事に抱え、長沼産の伝九郎柿をお土産に、皆さん笑顔で帰られました。
梅木博太.JPG

橋梨沙.JPG

子どもと一緒に1つの物を作り上げる時は、親の立場からすれば、ハラハラしたり、イライラ(笑)したりもしますが、子どもの頑張る姿、成長した様子、あっと驚く発想に出会えることもあると私は思います。
また、お子さんにとっても、「自分で作った!」という実感が自信になり、作った物への愛着にもなり、「本物」に触れる生の体験が生きた学びとなることを願って、この事業を開催しています。
IMG_0640.JPG

受付時間よりだいぶ早めに来た方で、スタッフが作業台等を準備しているのを見ると、自分から手伝ってくれた親子がいました。
講座の最中、手順でよく分からないところがあると、参加者同士で教え合っている人もいました。
初めて会った人同士でも、出来具合、子どもの様子など、笑顔で声を掛け合う姿もありました。
そんなお互いさまの一場面に立ち会えたことも、とても嬉しかったです。
IMG_0591.JPG

参加者の皆様、温海町森林組合さん、本当にありがとうございました。
キャンプテーブル、長―くご愛用くださいませ! 
                      (スタッフ 愛)
IMG_0664修正.jpg

庄内地域の子育て情報がたくさん(^^♪
こちらもみてね↓
https://shonai-tomoni.jp/

posted by TOMONIスタッフ at 09:32| お知らせ